2011年01月22日

GDC2011 AI Summit 全翻訳(早期割引は24日まで)

GDC 2011 http://www.gdconf.com/
(早期割引は24日までです)

には、最初の2日間に、 AI Summit というゲームAI専門の講義・セミナー・パネル群があります。
150〜200名ぐらいの部屋で、2日間、ゲームAIだけを議題として議論や講義が開かれます。

AI Summit
http://www.gdconf.com/conference/ai.html

中心となって組織しているのは、世界一線のゲームAI開発者の集まり、AI Programmers Guild です(僕も参加)。
ゲームAIの開発経験があれば(それほど厳密でない)、メイリングリストに加入してくれます。
http://www.aiwisdom.com/

さて、AI Summit は8講演となりますが、ハイライトは以下に翻訳があります。
http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=28

実は翻訳者の方が、全部訳してしまい、3つの残りの翻訳も手元にあります。
そこで、ここで、公開しておきます。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


AI
を表現する: デバッグ情報を最大限表示しよう!

講演者: Brian Schwab (Blizzard Entertainment),

Michael Dawe (Big Huge Games/38 Studios) , Rez Graham (Electronic Arts (Sims Division))

日程/場所: TBD

トラック/フォーマット:  AI Summit / 講演

概要: 複雑なAIをデバッグすることはとても難しいことです。通常、ベストなアプローチはデータとその関連をビジュアライズし、コードを隈なくチェックすることから脱却することです。それは、情報を新しく構築して行くことに挑戦しながらも、同時に情報が煩雑になってしまわないようにバランスを取ることです。本講演では、複数の開発者が、自身の携わった、複雑なAI開発において採用したデバッグ情報、開発情報のビジュアル化の創造的かつユニークなアプローチについてお話しいたします。

必要パス:  All Access Pass, Summits または Tutorials Pass

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

エキストラAIを構成する:リアルな背景キャラクターAIの構築

講演者: Paul Kruszewski (Grip Entertainment) , Ben Sunshine-Hill (University of Pennsylvania)

日程・場所: TBD

トラック/フォーマット: AI Summit / 講演

概要: プロセッシングのパワーが増加するに従い、ゲーム開発者はゲーム背景に多数のキャラクターたちを登場させることで、ゲーム世界を活き活きとしたものにしようとしました。何ダースという、或いは、何百という人間らしいエキストラAIを生成すると同時に計算パワーの中で可能な範囲に収める挑戦は、伝統的なプレイヤーの前面に出現するだけのAIを実現するのとは全く違った挑戦なのです。本セッションでは、TRON: EVOLUTION の実例を含む、大量のエキストラAIをシミュレートするデモを実演し、通常のNPC作成との相違点を説明いたします。加えて、背景のキャラクターたちにその存在のアリバイを動的に生成することで、前面のキャラクターとして登場させる技術についても解説いたします。

必要パス:  All Access Pass または Summits and Tutorials Pass


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


AI 
におけるランダム使いこなす: コインの両面の偶然さを利用する

講演者: Dave Mark (Intrinsic Algorithm) , Brian Schwab (Blizzard Entertainment)

日程・場所: AI Summit / 講演

トラック/フォーマット:  AI Summit / 講演

概要:

ゲームAIにおける予測性(不確実性)は、ゲームプレイや特にプレイの再現性における障害として言及される場合が多くあります。例えば、スポーツゲームの幾つかのジャンルは、ランダムさが信用できる結果を生成する要素として必要とされます。それは多くの場合、単にバラエティーに富む結果が必要とされることが理由です。しかし、ある種のゲームの挙動に関しては、ランダムさはプレイヤーの予想を裏切るという問題を引き起こすことになります。本講演は、時折、プレイヤーがランダムさに気付くちょっとした過程の実例を紹介し、またゲームシステムにランダムさを使う前提と結果について、また、乱数列が引き起こす幾つかの問題点を緩和する技術について解説いたします。

必要パス:   All Access Pass または Summits and Tutorials Pass



posted by miyayou at 05:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
時計コピー,スーパーコピー時計(n級)通販!ブランド時計コピー工房 】、日本最大の腕時計 ネットショップで、現在世界最高級のロレックスコピー、IWC、 シャネル、パネライコピー などの各種類世界トップ時計が扱います。ロレックススーパーコピー
Posted by ロレックススーパーコピー at 2013年10月09日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42781837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック