2010年05月27日

ゲームマーケット2010に出展準備…

5月30日(日)に浅草で開催される、ゲームマーケット2010は、アナログゲームの祭典としては、最大規模で、1000人弱の人数を動員する、ボードゲーム、カードゲーム、TRPGなどを中心とするフリーマーケットです。

 ゲームマーケット
  http://gamemarket.jp/

フリーマーケットと言っても、海外からの輸入ゲーム業者や、テーブルゲーム製作会社、同人サークルなどが、それぞれ、大型、中型、一般ブースを並べて、ゲームを販売したり、テストプレイが出来ます。
ai_20100527_01.JPG
(ゲームマーケット2009の様子) 
僕は、自分で主催している

 笹塚ゲームクラブ
  http://blogai.igda.jp/article/35412791.html

というサークルで、毎年、オリジナルテーブルゲームを出展していて、今年で3年目になります。


今回は「ハッピーたん!」というオリジナル・ボードゲームを出展します。
このゲームは、サイコロを振って、4つの円盤を渡り歩きながら、
円盤を渡り切るたびにカードを引いて点数を競うゲームです。

4つの駒を(円盤と円盤の間の)踊り場からスタートします。
中央に得点カードを置きます。

gm2010_sasazuka_gc_01.JPG

カードにはマイナス点(−5〜−1)とプラス点(1〜10)のカードがあります。
一番上のカードは表向きにしておきます。これが、次のカードを取ることになった人が、
取らなければならないカードとなります。

(1) まず、サイコロを振ります。サイコロの出た目の分、自分の駒を進めてもいいし、
  或いは、任意の円盤をそのサイコロの出た目の分、回転させてもよいです。
  何れかを選択します。

  円盤を回転させた場合、その円盤に載っている全ての駒が同時に回転する仕組みになっています。その場合、自分のターンでなくても、回転の途中で踊り場の前まで来た駒は踊り場に進まねばなりません。ただ、最初から踊り場の前にいた駒は、踊り場に進むことなく、回転することになります。

  (注)踊り場にいる時には、円盤を回転させることはできません。必ず、
     自分の駒を動かさねばなりません。

(2) 踊り場に止まった駒、或いは、踊り場を横切った駒は、
  中央のカードを引かねばなりません。これが自分の得点になります。
  マイナスカードを引いた場合はマイナスの得点です。
  
(3) (1)(2) をくり返し、得点カードが全て引かれた時点で、ゲーム終了です。
  プラスとマイナスの得点カードを総合して、
  もっとも得点の多い人が勝ちとなります。

(4) この他に、最初に一周した人から 5、−3、1点の得点が与えられます。


プレイ時間はだいたい10分ぐらいです。気軽に遊びに来てください。

posted by miyayou at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38597588
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック