2010年05月26日

第10回文学フリマ参加記


5月23日(日)「文学フリマ」という文芸誌同人即売会に参加して来た。

 http://bunfree.net/


ai_20100523_03.JPG

小説、評論、短歌、など、様々な文芸ジャンルの同人誌が並んでいる。
だいたい100〜500円ぐらいの単価である。

ai_20100523_02.JPG

出展者は、大学生サークル、社会人サークル、個人作家、大学生から高齢者までが、
ゆったりと出展するのが、この文学フリマの特徴である。

ai_20100523_05.JPG

とはいいつつも、秋葉原の会館で、こじんまりと開催していたころの規模の4倍以上の規模になっており、
即売会内の対談イベントや交流会まで開催され、勢いを感じるものである。ai_20100523_09.JPG


二次創作は殆どないが、やはり、好きな作家、好きなジャンルを、探求している。
壁際でも、そこまで並ぶサークルはなく、通常は多くても、50冊程度の売り上げ、
とっても売れた、というサークルでも400冊程度である。

ai_20100523_08.JPG
また、こういった即売会ならではの思い切った作品が見れることも、
楽しみのひとつだ。
ai_20100523_10.JPG

立体紙工作小説「さがさないでください」(倉田タカシ)
http://deadpop.tumblr.com/post/273051765

ai_20100523_01.JPG
100Mのロール状の書籍を、切り売りして行く
「100Mトルタ」(TOLTA)
 http://tolta.blog81.fc2.com/
ai_20100523_07.JPG
 
文学の鼓動を感じる、胸躍るイベントである。
posted by miyayou at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38499360
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック