2010年04月26日

「デジタルゲームの教科書」(ソフトバンククリエイティブ)目次

5月中旬に、ソフトバンククリエイティブから
「デジタルゲームの教科書」という本が出来ます。

執筆者には、IGDA日本の各SIGの世話人が入っていて、
最近のゲームシーンについて広く説明しています。

なんと、IGDA日本のロゴも入っていますよ!^^

AIも50ページ、プロシージャルは30ページ、
ボードゲーム20ページほど、僕も協力しています。

もし、ご関心がございましたら、以下に目次の詳細を
載せておきます。

 digitalgame_f.png
----------------------------------------------------
単行本: 536ページ
出版社: ソフトバンククリエイティブ (2010/5/15)
ISBN-10: 4797358823
ISBN-13: 978-4797358827
発売日: 2010/5/15
---------------------------------------------------
amazon:  http://bit.ly/cIkzv7

======================================================
目次
======================================================

はじめに      iii
第1部  ゲーム産業の基本構造    1
第 1 章     ゲーム産業の全体像       3
1.1     ゲームのプラットフォームとその特徴      4
1.2     ゲーム産業の現状:統計から     7
1.3     ゲーム産業と他の産業との関わり     10

第 2 章     ゲームが消費者に届くまで       13
2.1     流通構造      14
2.2     ゲーム価格の内訳      17
2.3     企業間の関係      24
2.4     ゲームはどう作られるのか      27

第 3 章     ゲームとゲーム産業の歴史      37
3.1     コンシューマーゲーム産業の歴史      38
3.2     ゲームジャンルの歴史      47
第1部の参考文献      57

第2部  世界のゲームシーン    59
第 4 章     転換期を迎える国内ゲーム市場      61
4.1     国内コンシューマーゲーム市場の歴史      62
4.2     2007 〜 2009年の国内コンシューマーゲーム市場動向      65
4.3     ゼロ年代に起こったパラダイムシフト      70
4.4     まとめ      74

第 5 章     北米ゲーム市場      75
5.1     北米市場概況      76
5.2     ハード別に見た北米市場概況(2007 〜 2009年)      78
5.3     北米におけるソフトトレンド(2007 〜 2009年)      87
5.4     RPGとJRPG      92
5.5     北米市場まとめ(2007 〜 2009年)      93
5.6     ソフトの二極分化と中古対策      96

第 6 章     アジア圏のゲームシーン      99
6.1     海賊版市場が横行していることを前提とした市場形成      100
6.2     アジアの代表的なパッケージPCゲームパブリッシャー      102
6.3     オンラインゲーム市場      103
6.4     韓国のゲームシーン      104
6.5     台湾のゲームシーン      106
6.6     中国のゲームシーン      108
6.7     東南アジア地域のゲームシーン      113
6.8     e-sports:アジア全体を熱狂へと誘い込む新トレンド      115
6.9     参考文献      116

第3部  ゲーム業界のトレンドシーン    117
第 7 章     ネットワークゲームの技術      119
7.1     ネットワークゲームの範囲      120
7.2     ネットワークゲームのインフラストラクチャ      120
7.3     ネットワークゲームの技術史      125
7.4     ネットワークゲームの技術要素      129
7.5     新種のネットワークゲーム      134
7.6     参考文献、関連文献      138

第 8 章     PCゲームとオンラインゲームの潮流      139
8.1     先オンライン時代(1980 〜 1995)      140
8.2     オンライン時代の幕開け(1996 〜 2002)      144
8.3     アジア市場の勃興(2003 〜 2009)      146
8.4     PCゲーム市場の新時代      149

第 9 章     アイテム課金制による無料オンラインPCゲーム      151
9.1     無料オンラインPCゲームの成り立ち      152
9.2     アイテム課金制の特性      154
9.3     課金アイテムのタイプ      156
9.4     アイテム課金ビジネスの今後      159
9.5     参考資料      160

第 10 章   ソーシャルゲーム      161
10.1   ソーシャルゲームとは何か      162
10.2   ソーシャルゲームの歴史     163
10.3   日本におけるソーシャルゲームの歴史      165
10.4   ソーシャルゲームの特徴     167
10.5   ソーシャルゲームの収益パターン      171
10.6   ソーシャルゲームの問題点      173
10.7   ソーシャルゲームと社会活動      174
10.8   ソーシャルゲームのこれから      175

第 11 章   携帯ゲーム      177
11.1   スマートフォンとは      178
11.2   スマートフォンでのゲームアプリケーション      179
11.3   コンソールゲーム分野への影響      189
11.4   まとめ      190
11.5   参考文献      191

第 12 章   日本タイトルの海外へのローカライズ      193
12.1   ローカライズとは何か      194
12.2   ローカライズの中身      194
12.3   ローカライズからカスタマイズへ      200
12.4   カスタマイズを超えてカルチャライズへ      202
12.5   まとめ      206

第 13 章   海外産のゲームの日本展開における課題      207
13.1   海外諸国発のビッグタイトルは日本で受け入れられてきたか      208
13.2   消費者に気づかせないローカライズ手法      215
13.3   オンラインゲームとローカライズ ―販売・PR・運営      219
13.4   まとめ ―日本向けローカライズの理想     224
13.5   出典資料、参考文献      226

第 14 章   シリアスゲーム      229
14.1   シリアスゲームとは      230
14.2   シリアスゲームの主な事例と現状      235
14.3   シリアスゲームの可能性      240
14.4   おわりに      245
14.5   参考文献      245

第 15 章   デジタルゲームを競技として捉える「e-sports」      247
15.1   スポーツとは何か      248
15.2   e-sportsとは何か      249
15.3   e-sportsの歴史      250
15.4   e-sportsとビジネス      256
15.5   コミュニティから見たe-sportsとゲームメーカーの関係      259
15.6   e-sportsのマーケティング的な活用      264
15.7   まとめ      265
15.8   参考文献      266

第 16 章   アーケードゲーム業界の歴史と現況      267
16.1   アーケードゲームのジャンル・区分      268
16.2   現在のアーケードゲームのトレンド      269
16.3   アーケードゲームの歴史      272
16.4   アーケードゲームのビジネス形態      276
16.5   ゲームセンターの歴史      277
16.6   近年のアーケードゲーム市場概況      280
16.7   かつてない苦境を迎えたアーケードゲーム業界の課題      281
16.8   まとめ      286
16.9   参考文献      287

第 17 章   ゲーム業界に広がるインディペンデントの流れ      289
17.1   同人・インディーズゲームとは      290
17.2   同人・インディーズゲーム制作の特徴     293
17.3   同人・インディーズシーンと制作作品の関係      302
17.4   同人・インディーズシーンの動向      303
17.5   謝辞、参考文献      308

第 18 章   ノベルゲーム      309
18.1   ノベルゲームの特徴      310
18.2   ノベルゲームの潮流      312
18.3   ノベルゲームの表現上の可能性      318
18.4   参考文献      320

第 19 章   ボードゲームからデジタルゲームを捉える      321
19.1   ボードゲームとデジタルゲーム      322
19.2   日本と欧州におけるボードゲームの現状     323
19.3   ボードゲームと作家性      324
19.4   ボードゲームとデジタルゲームの本質的な相違点      325
19.5   ボードゲーム制作とデジタルゲーム制作      326
19.6   テーブルゲームの歴史      328
19.7   ボードゲーム開発とゲームデザインの学習・研修      329
19.8   ゲームデザインについての概念・モデル      330
19.9   テーブルゲームから学びデジタルゲーム開発に活かす      334
19.10  テーブル型ディスプレイとボードゲームの未来      335
19.11  デジタルゲームの未来、ボードゲームの未来      336
19.12  ボードゲームに関する参考資料      338

第 20 章   ARG(Alternate Reality Game)      341
20.1   ARGとは      342
20.2   ARGの要素      344
20.3   ARGのタイプ      347
20.4   ARGの構造      350
20.5   ARGの歴史と現状      357
20.6   ARGのビジネス展開      362
20.7   まとめ      365
20.8   参考文献      366

第4部  ゲーム開発の技術と人材    367
第 21 章   ミドルウェア      369
21.1   ミドルウェアとは      370
21.2   ゲーム向けミドルウェアの歴史      375
21.3   近年のミドルウェア事情      378
21.4   ミドルウェアの今後      392
21.5   まとめ      393
21.6   参考文献      393

第 22 章   プロシージャル技術     395
22.1   プロシージャル技術とは      396
22.2   地形自動生成とリアルタイムストラテジー      400
22.3   プロシージャル技術とFPS      406
22.4   都市生成とシミュレーションゲーム       408
22.5   マップ自動生成とアクションゲーム      411
22.6   社会シミュレーションとAIの協調      412
22.7   音楽の自動生成とゲーム内エディット画面      416
22.8   会話の実現と会話ゲーム      417
22.9   プロシージャルアニメーションとゲームキャラクター生成      420
22.10  展望      421
22.11  プロシージャル技術に関する参考資料      423

第 23 章   デジタルゲームAI      431
23.1   デジタルゲームAIとは      432
23.2   デジタルゲームAIの発展      435
23.3   デジタルゲームAI分野と他のゲームAI分野との比較      450
23.4   デジタルゲームAIの基礎技術      453
23.5   エージェントアーキテクチャ      467
23.6   メタAI      469
23.7   集団の知性      470
23.8   まとめ      474
23.9   デジタルゲームAIに関する参考資料      475

第 24 章   ゲーム開発者のキャリア形成      483
24.1   職業情報の非対称性      484
24.2   ゲーム会社における人材マネジメント      492
24.3   ゲーム開発者のキャリア発達      497
24.4   ゲーム開発者のキャリア形成の展望      501
24.5   参考文献      505
あとがき      507
索引      509

posted by miyayou at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37380031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック