2009年11月16日

代替現実ゲーム専門部会 (SIG-ARG)「ARG入門:体験型エンタテインメントの現在と未来」(11/22)

昔、小学校の校庭などで宝探しゲームをしたことがありますか?

校庭の何処かに宝物が隠してある、と思うだけで、
校庭は途端にわくわくするようなゲーム空間になってしまいました。
実際の宝物は他愛のないものでも、友人とあっちかな、こっちかな、と話ながら、
夕暮れ遅くまで探し続けた思い出がきっとあることでしょう。

そして最近は、最近の電子デバイスの発展は、デジタルワールドが現実をますます侵食して、
宝物は実はGPSと連動したデータであったり、
友人と言葉で話していたのがインターネット越しのチャットであったり掲示板であったりします。

ARGとは、そんな現実をゲーム空間に巻き込んだゲームのことを言います。

今回のセミナーは「ARG入門」と題して、この分野の入門から歴史のレビューまでを行ないます。
是非、連休の合間に、気軽にお越しください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<11月22日(日)>
IGDA日本 代替現実ゲーム専門部会 (SIG-ARG)
第1回研究会「ARG入門:体験型エンタテインメントの現在と未来」
http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) 代替現実ゲーム専門部会(SIG-ARG)は、第1回
研究会「ARG入門:体験型エンタテインメントの現在と未来」を、2009年11月22日(日)に
開催いたします。

ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) は、アメリカを中心にここ数年で大き
く盛り上がってきている新しいストーリーテリング手法です。プレイヤー本人で参加する
ことや、複数のメディアを横断的に利用することなどが特徴とされていますが、まだ定義
すら定まっていない、大きな将来性を秘めたエンタテインメントです。

第1回研究会では、ARGに関して日本で有数の有識者の皆さまをお迎えして、ARGの現状と
日本における今後の可能性について論じます。また、日本独自のARGコンテンツと言える
「蓬莱学園」のようなメイルゲームが、参加型謎解きイベント「ミステリーナイト」が、
あるいは実世界宝探しの「赤い鳥」が、ARGというカテゴライズでマッシュアップされ、
議論される初の機会ともなります。

ARGの可能性は広大です。近年、デジタルゲームは将来的にその領域を現実世界に広げて
行くであろうとの言及がCEDECなど様々な場で為されていますが、デジタルゲームとARGの
融合は、その一つの未来のカタチかもしれません。

なお、SIG-ARG の重要な立ち位置は「娯楽を開発する」という立場を起点とすることです。
ARG は Halo シリーズのプロモーションに使われるなど、強力なマーケティング手法とし
ての側面がありますが、エンタテインメントの開発者という視点を忘れず、SIG-ARG なら
ではのセミナーを作っていければと考えております。

はじめての研究会となりますが、ARG 初心者の方から、ARG 開発を検討している方まで、
数多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

研究会の詳細は: http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=13

========================================================================
■名称  :IGDA日本SIG-ARG(代替現実ゲーム) 第1回研究会
          「ARG入門:体験型エンタテインメントの現在と未来」
■日時  :2009年11月22日(日)13:00-18:00(受付時間12:30-)
■場所  :文京学院大学 本郷キャンパス B館8Fウィングホール
■主催  :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)  http://www.igda.jp/
■協力  :文京学院大学コンテンツ多言語知財化センター
■参加費:研究会のみ  1,500円
          研究会および懇親会の両方に参加  5,000円
■対象者:ARG に興味のある方ならどなたでも。
■定員  :定員120名

※当日飛び込み参加はできません。チケット持参者のみ、ご参加いただけます。
※チケット購入についての注意事項は案内ページをご覧下さい。
http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=13

<プログラム>(予定)
13:00 - 13:05 文京学院大学  コンテンツ多言語知財化センター
              「本学  コンテンツ多言語知財化センターの取り組み」
13:05 - 13:15 ご挨拶(SIG-ARG 世話人 八重尾昌輝)
13:15 - 14:05 ARG概論(慶應義塾大学 武山政直教授)
14:15 - 15:05 海外事例紹介(株式会社メディアファクトリー 三原飛雄馬氏)
15:10 - 16:00 RYOMA the Secret Story 事例紹介(オフィス新大陸 坂本犬之介氏)
16:10 - 17:50 パネル「日本における体験型エンタテインメントの現在と未来」
              パネリスト(順不同):
                慶應義塾大学 武山政直教授
                株式会社メディアファクトリー プロデューサー 三原飛雄馬氏
                オフィス新大陸 代表 坂本犬之介氏
                小説家 新城カズマ氏(有限会社エルスウェア 代表 柳川房彦氏)
                RUSH JAPAN株式会社 取締役 安福久哲氏
                E-Pin企画 代表 城島和加乃氏
18:30 - 20:30 懇親会
========================================================================

□SIG-ARGとは

代替現実ゲーム専門部会 (SIG-ARG) はIGDA日本の専門部会の1つです。新しいエンタテイ
ンメントである ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) に着目し、ARG的な要
素を持つエンタテインメントの普及・啓蒙と分析・研究、及び、これらに興味がある方々
の交流の促進を目的として活動しています。

SIG-ARGとは: http://igdaj-arg.blogspot.com/2009/09/sig-arg.html

posted by miyayou at 12:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
代替現実ゲーム専門部会 (SIG-ARG)「ARG入門:体験型エンタテインメントの現在と未来」(11/22): y_miyakeのゲームAI千夜一夜 aaspirationspublishing.com/pillslim/ http://aaspirationspublishing.com/pillslim/
Posted by aaspirationspublishing.com/pillslim/ at 2013年07月26日 12:03
"H'm, go ……."Saying of segment dust affirmation.Because the segment dust still wants to raise his/her own body strength once again, can come and go in the magma again while having no Sun Wukong's help from such as, that kind of controling own life in the felling in the oneself's hand is what a dust needs.
Posted by michael kors outlet online at 2013年07月29日 20:25
"I am unwilling, unwilling ……."The voice of Yin ghost spreads out to go with the dissipation of soul, while the little boy also seem to be in low spirits at this time, absentminded, in the last attack, although the dint of the soul of little boy wants to be strong to ascend a lot,also be subjected to an anti- earthquake in the word attack, oneself is also weak many, than it just spent a sky to rob is still want weak many.
Posted by cheap red bottom shoes at 2013年08月07日 15:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33670029
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック