2009年10月12日

「それ行け!ゲームたん!」第3回 「ピーターモリニューが語るエピソード型ゲーム製作」

hayu01.png  「それ行け!ゲームたん!」製作委員会より

皆様、こんにちは。「それ行け! ゲームたん!」は、
ゲーム業界における英語学習に一石を投げるために始めた、
ゲーム好きの、ゲーム好きのための、ゲーム好きによる英語学習サイトです。

なが〜い間、更新が途絶えていましたが、再開します。
進めながら、形を模索して行くので、どうか長い目でお付き合いください。

協力者も募集してます。最後に、mixi のコミュアドレスを上げておきます。
今は、最小限の情報だけで硬い感じですが、徐々に武層さんのイラストや皆様のアイデアを活用して、柔らかいコンテンツにして行ければと思います。アイデアは常にコメントやmixiで募集しています。よろしくお願いします。 
*   *   *
毎回、少しずつ学習しましょう。 今日は、ピーターモリニューのインタビューから。

 [引用元]
http://www.edge-online.com/features/interview-peter-molyneux

[今日の例文]
With the news that Lionhead is releasing Fable II in episodic form on Xbox Live today, we spoke to studio head Peter Molyneux about the decision to retool a nearly years-old game into a new form.

As Molyneux says, this is also an experiment in creating games designed from the bottom up to be episodic.


[表現解説]

With the news that〜 that以下という知らせを聞いて

from the bottom up〜  ボトムアップから〜
experiment in〜 〜の実験
episodic  エピソード配信【ゲーム専門用語】


[翻訳]

我々はつい最近のゲームを新しい形で再構成するという方針に対して、 スタジオヘッドのピーター・モリニューにインタビューすることにした。
モリニューが言うには、これは、ボトムアップからエピソード配信型にデザインするという、ゲーム制作の実験でもある。

[参考]
「それ行け! ゲームたん!」学習委員会 in mixi (誰でも登録して参加できます)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3561629

[イラスト] 
武層

ファミコン以前が専門のクラシックゲームマニア(ライター)。
本職はwebデザイナー&イラストレーター。
サイトにも遊びに来てくださいませ。

http://www.cvs-odyssey.jp/
 
hayu_a05.png


 

posted by miyayou at 14:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
サイトにも遊びに来てくださいませ。
Posted by fake rolex at 2014年08月04日 17:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32859757
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック