2009年09月24日

ゲームデザインパターンC: 描いたものがゲーム内で道具になるパターン

「描いたものが描く」とは願望として普遍なものです。
デジタルゲームはそれを可能にしました。

最近では、ますます自由度の高い様々なインタフェースが、
「描く」というアクションをより豊かにしています。

このデザインパターンのカテゴリーとしては、より詳細に、

 (A)ラインで閉曲線を描いて敵を囲う「包囲系」
 (B)ラインを引いて、その上、或いは、それに沿って、AIを誘導する「誘導系」
 (C)描いたものがゲーム内で物理的オブジェクトとなる「具現化系」

に分類されます。
 


(A)包囲系

「リブルラブル」線を描いて敵やアイテムを囲みます。
 http://circle.zoome.jp/arcade/media/220

「loop」2001 shockwave.com (programming: ranjit bhatnagar)
  もうサイトにはないですが、zimmernmann の解説があります。
  http://www.ericzimmerman.com/texts/Iterative_Design.htm

「floats」閉曲線を自由に描いて同じ色のAIを大きくして行きます。
  http://ferryhalim.com/orisinal/g3/floats.htm

 
(B)誘導系

「TRACE」線を引いたり消したりして小人をゴールまで導く
 http://www.appbank.net/2008/10/26/iphone-application/863.php

「LineRider」プレイヤーが描いた線の上をライダーが辿っていく。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/Line_Rider
 http://linerider.com

「タッチ!カービィ」カービィがたどるラインを描く。
  http://www.nintendo.co.jp/ds/atkj/about/index.html

 「Snow Line」サンタさん誘導ゲーム
  http://freegame.i-love.cc/snow-line

 「Slider」お絵描き誘導ゲーム
  http://freegame.i-love.cc/games/0096.html

 
(C)具現系

「びっくりマウス」 描くものがオブジェクトへ変化する「ワザペン」システム
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/20000531/scei.htm

「ラクガキ王国」2Dで描いた図形が3次元に起こされてアニメーションする。
 http://www.garakuta-studio.com/index2.html

「パックピクス」即興お絵描きでパターン認識。ユーザーが描いた絵がパックマンになる!
 http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/list/pac-pix/index.php

「クレヨン・フィジックス」描いたものがゲーム内の物理的オブジェクトになる。
 http://www.crayonphysics.com/
     
「Princess Drawing」マウスで描いた図形で攻撃や防御を行う
 http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20090916024/
     
「CHALK」限られた量のチョークで線を描いて敵を撃退する
 http://www.4gamer.net/games/040/G004096/20081217032/     


[参考]
以下のゲームでは、
描いたものが直接、ゲーム内で力を持つわけではないが、
パターンを描いて認証させることで、力が発動する。

大神
http://www.capcom.co.jp/o-kami/
  
ロストマジック
 http://www.lostmagic.net/

タクトオブマジック
 http://www.nintendo.co.jp/wii/rosj/magic/index.html

posted by miyayou at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ゲームデザインパターンC: 描いたものがゲーム内で道具になるパターン: y_miyakeのゲームAI千夜一夜
Posted by bee pollen pills at 2013年08月10日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32381919
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック