2009年09月16日

CIG2009 : IEEE Symposiumu on Computational Intelligence and Games 開催

2009年9月7〜10日に、イタリアのミラノで

CIG2009
IEEE Symposiumu on Computational Intelligence and Games

が開催されました。このシンポジウムは、ゲームAIをテーマにしたIEEEの
シンポジウムです。

http://www.ieee-cig.org/conference-program/

プログラムが公開されていますので、そこから内容を推測してみると、
なかなか充実したものであったようです。

まず、プログラムの分類も秀逸です。

Session 1: Theory and Techniques
Session 2: Board Games and Card Games
Session 3: Ms Pac-Man, Super Mario and Car Racing
Session 4: Theory
Session 5: Modeling
Session 6: Simulated Car Racing
Session 7: First Person Shooters
Session 8: Planning
Session 9: Evolution

前半が基礎、そして現在、最後にこれからの仕事、という流れになっています。
基調講演というかチュートリアル講演は、

Kenneth O. Stanley
Tutorial 1: Kenneth O. Stanley Practical Issues in Evolving Neural Network Controllers for Video Game Agents

で、これはゲームAI連続セミナーで紹介した(以下、資料です)、
IGDA_AI_Semi_5th_2007Nov.zip

ニューラルネットワークを使った
FPSエージェント「NEAT」を研究していた、

Kenneth O. Stanley
 http://www.cs.ucf.edu/~kstanley/

さんの講演ですね。
一般講演でも、
 
「トゥームレイダー」を題材にしたり、
  Anders Drachen, Alessandro Canossa and Georgios Yannakakis. Player Modeling using Self-Organization in Tomb Raider: Underworld

「マジック・ザ・ギャザリング」とモンテカルロ探索を題材にしたり
  Colin Ward and Peter Cowling. Monte Carlo Search Applied to Card Selection in Magic: The Gathering

「スーパーマリオ」を題材にしたり、
  Chris Pedersen, Julian Togelius and Georgios Yannakakis. Modeling Player Experience in Super Mario Bros

「ミズパックマン」「パックマン」を題材にしたり、
  Lori DeLooze and Wesley Viner. Fuzzy Q-Learning in a Nondeterministic Environment: Developing an Intelligent Ms. Pac-Man Agent

  Ben Cowley, Darryl Charles, Michaela Black and Ray Hickey. Analyzing Player Behavior in Pacman using Feature-driven Decision Theoretic Predictive Modeling

FPSのエージェントに注目したり、
  Raul Arrabales, Agapito Ledezma and Araceli Sanchis. Towards Conscious-like Behavior in Computer Game Characters

テトリスのAIをテーマにしたり、と。
  Amine Boumaza. On the evolution of artificial Tetris players

新しい流れを感じますね。
posted by miyayou at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして

同シンポジウムのAIコンテストの方では,日本からのチームが
1位(Ms. Pac-ManのAI)
http://cswww.essex.ac.uk/staff/sml/pacman/CIG2009Results.html

2位(擬人化FPSボット)
http://www.botprize.org/
です.
Posted by RT at 2009年09月29日 13:52
ありがとうございます。
早速、リンク先を読ませて頂きました。

次のブログ記事で取り上げたいと思います。
感謝いたします。
Posted by y_miyake at 2009年09月30日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32158091
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック