2009年08月15日

コミックマーケット2009夏 一日目レポート

8月14日、ビックサイトで開催されているコミックマーケット76へ行ってきた。
コミックマーケットは、主に学生漫画即売会に端を発する同人誌即売会で、
年2回、夏冬に開催され、今回で76回目を数える、50万人以上が参加する、
国際で最大の即売会イベントである。8月16日まで3日間開催される。
http://www.comiket.co.jp/
ai_20090813_01.jpg
現在は、即売会以外にも、企業ブースや、コスプレ会場など、
多岐に渡る、表現コミュニケーションの場となっている。
ai_20090813_00.jpg
今回からの新しい試みとして「コミックマーケット・シンポジウム」が開催された。
http://www.comiket.co.jp/info-a/C76/C76symposium/C76symposium.html
このシンポジウムは、これまでのように、コミックマーケットを、
オタク、サブカルチャーという視点から捉えるのではなく、
社会学的の立場から、コミックマーケットの社会における位置、
そして、その波及の効果を研究する立場を明らかにするものである。
ai_20090813_02.jpg
会場は300人程の聴衆で埋められる中、
「固定され選ばれたクリエータークラスではなく、
 超多様性市場としてのクリエイティブなマーケットとしてのコミックマーケット」(出口教授)
「市場、政府、そして3つ目の新しい軸としての同人コミュニティ」(田中教授)
という見方を示した。
ai_20090813_03.jpg

また、筆谷共同代表は、「さよなら銀河鉄道999」の

「鉄郎、永遠の命とは、一人が永遠に生きていくことではない。
 一人の血が、次の世代へと受け継がれ、それが、またその次の世代へ受け継がれる。
 それが、永遠の命だと、俺は信じる」

という、キャプテンハーロックのセリフを引用しつつ、
コミックマーケットが、そういった情熱のバトンによって、
引き継がれ拡大した来た、という見方を示した。
ai_20090813_04.jpg

SIG-INDIE の打ち合わせの後、
残されたわずかな時間で企業ブースを回った。
ai_20090813_06.jpg

とりあえず、変則的だが、コミケ参加一日目が終わった。
ai_20090813_05.jpg

終わった...らよかったかもしれないが、ここから、別の打ち合わせのメンバーと、
お台場のガンダムを見に行った。実際、三宅は一度見ているのだが(過去のブログ参照)、
そのときは一人で行ったので、みんなで見るのも楽しかろうと、
満員のゆりかもめを見ながら、ビックサイトから歩いて潮風公園へ向かった。

道中、夕日が綺麗だし、楽しかった。
ai_20090813_07.jpg

途中、ジオキャッシュ探索
(GPSを用いた宝探し。他人が置いた目印をGPSのヒントを頼りに探す)
などの寄り道をしながら、歩くこと、50分、

ガンダムはそこに立っていた。大勢の観光客を足元に、遠くビックサイトを
眺めるがごとく立っていた。左肩には、以前にはないマークがあった。

ai_20090813_08.jpg

そんなガンダムを観ること10分、
既に見ることに飽きた友人たちは、
再び、ジオキャッシュ探索を始めるのであった。
自分も一緒にやっているうちに楽しくなり、
座標を頼りに森深く消えて行くのであった。

ai_20090813_09.jpg

気が着くと、日がどっぷりと暮れていた。これで帰る…。
ai_20090813_10.jpg

帰る…のではなく、再びミーティングが22時まで続くのであった。
一日目、コミケ終了。何も購入せず、一般ブースも見れず、
しかし、手元にはシンポジウム記念の灰皿が残った。
posted by miyayou at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31313503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック