2010年02月19日

テーブルゲームは好きですか?笹塚ゲームクラブを紹介します。

今日は、僕が主催している、テーブルゲームクラブ、笹塚ゲームクラブを紹介しましょう。
クローズドなサークルで一般参加はできないのですが、週に一回2時間の定例会を開いて、ゲームをプレイしたり、作ったりしています。

今度のゲームマーケット2010
  http://gamemarket.jp/index.php
 
へも出展します。
 
毎回、我々のブースは試遊だけですが、秋のテーブルゲームフェスティバル(今度で3回目)へ、ボードゲームやカードゲームを作っては出展しています。
 
会場でアドバイスを頂きながら、作る過程で学びながら、ちょっとずついいゲームを作っていこうと思っています!

以下に、我々が作って来たゲームの幾つかを紹介します。 
 ookina.jpg

題名:大きな燃える木の下で(カードゲーム、ゲームマーケット2009で発表)
プレイ時間: 10分
プレイ人数: 2〜4人
ゲーム内容:動物が一人に一種割り当てられます。自分がどの動物かは他のプレイヤーからはわかりますが、自分ではわかりません。持ち札から自分の場にカードを出して行き、自分のカードであるカードが点数となります。自分の出すカードは、他のプレイヤーに正体を気付かせるヒントになり兼ねません。あなたは、自分の正体を他人のカードから探りつつ、相手を翻弄して、最高点を稼いで勝利を目指しましょう!


ssg_yousei_no_namida.JPG

題名:妖精のなみだ(ボードゲーム、ゲームフェスティバル2008で発表)
プレイ時間: 30分
プレイ人数: 2〜5人
ゲーム内容: あなたは冒険者となって森に入り、妖精にみつからないように、4つの宝石のうち少なくとも1つを取って、脱出しなければなりません。妖精からあなたの姿は見えませんが、妖精の質問に対して、あなたのエリアを伝えなければなりません。スリルと推理を目指して、スコットランドヤードを手軽にすることを目指したゲームです。

コメント:  以前はゲームが長くなる傾向がありましたが、ルールを改訂して臨みたいと思います。


ssg_attack_49.JPG

題名:アタック49(ボードゲーム、ゲームマーケット2008で発表)
プレイ時間: 40分
プレイ人数: 2〜4人
ゲーム内容: 7x7のマスがあります。サイコロを振って移動します。もし、そこに何も色がなければ、あなたが止まったマスがあなたの色に変わります。他人の色に止まったら、つながっているマスの数だけ、その人に支払います。オセロと同じように、他人の色を挟めば、自分の色にすることが出来ます。運とロジック、そして積み木に触るのが気持ちのよいゲーム。
コメント: ルール改訂すること数度。ゲーム作りは奥が深い。

----------------------------------------
笹塚ゲームクラブは、IGDA日本のデジタルゲーム界とアナログゲーム界をつなぐ活動「ボードゲーム交流会」にも協力しています。
 
○デジタルゲームの最先端に立つ人々が集合した,「第4回ボードゲーム交流会」レポート(4gamers)
 http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20090209040/

○日々是遊戯:
デジタルでもアナログでも、楽しいものは楽しい――ボードゲーム交流会ってなに?(IT Media)
 http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0902/12/news090.html

○デジタルゲーム開発者を対象に,
 ボードゲームのデザインを考えるワークショップ開催。講師は“あの”鈴木銀一郎氏(4gamers)
 http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20090622008/
--------------------------------------------------------------------

という感じでした。会場や交流会で見かけたらよろしくです。
posted by miyayou at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月16日

小野憲史、井上明人、ゲーム雑誌の歴史を語る

 2月15日深夜に、twitter 上で、ゲーム雑誌の歴史について、
 小野憲史さんと、井上明人さんの間で、対談が行われました。

 「小野憲史、井上明人、ゲーム雑誌の歴史を語る」
   http://togetter.com/li/5965

 これは、
 日本デジタルゲーム学会が2月18日(木)18:30-21:00 に開催する、

 2月期公開講座 「メディアの変遷とゲームジャーナリズムの変化」
  https://www.digrajapan.org/modules/eguide/event.php?eid=44

 に先立ち、プレイベントとして、アナウンスを兼ねて企画したものです。
 2時間30分に渡って、ゲーム雑誌の読者から編集、研究に至る過程が、
 示唆に富む情報と共に語られています。

 ご興味ございます方は、是非、ご一読ください。
posted by miyayou at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月02日

Global Game Jam 2010 東京工科大学会場レポート

1月29日から31日まで、
世界各地で48時間デジタルゲーム製作コンテンスト

Global Game Jam 2010
 http://www.globalgamejam.org/

が開催された。今年で2回目となるこのコンテストは、
世界中から参加者を集めて開催された。

昨年の第一回の参加者は23カ国から1600名、370のゲームが制作されました
今年は、 1月26日現在,参加予定サイトは全世界38カ国,134箇所に広がっている。

ai_20100131_02.JPG
(会場となった八王子にある東京工科大学キャンパス) 


日本の大学としては、

北陸先端科学技術大学院大学(宮田先生)
 http://www.jaist.ac.jp/~miyata/GGJ2010/GGJ2010.html
東京工科大学(三上先生)
 http://www.teu.ac.jp/clab/game/GGJ2010/GGJ2010.htm

が主催することとなった。
ai_20100131_01.JPG
(こちらは主に学部生からなるチーム。 「TRAVEL TROUBLE」を開発した) 

2日間は、両大学から Ustream で製作の様子が中継された。
三宅は、三上先生の率いる東京工科大学の会場に訪せて頂いた。

東京工科大学は2チームが編成されていた。
メンバーは院生から学部生まで幅広いメンバーからなっている。
1チームは留学生のチームであり、英語でコミュニケーションを
取りながら、非常に国際性の高い開発の現場となっていた。

ai_20100131_03.JPG
(こちらは留学生チーム。「Hot Dog Roach Runner」を開発した。) 

東京工科大学メディア学部では、希望者に対しては、1年時から3年間かけて、
ゲーム製作をチームを組んで製作するカリキュラムが組まれており、
その作品は、東京ゲームショウの東京工科大学のブースで見ることができる。

14時間に伺ったときは、17時の締め切り前に、
両チームとも、ほとんど完成されており、ゲームを作りなれている感があった。

ai_20100131_07.JPG

17時の提出後には、北陸先端科学技術大学院大学と東京工科大学の、
それぞれのチームが、Ustream を通じて、今回のゲーム製作過程について、
プレゼンテーションを行った。

ai_20100131_05.JPG

「TRAVEL TROUBLE」は、船を操って港まで漕ぎ着けるゲームだが、
色マーカーを取ると、同色の色の敵をスルーすることができる。全四面だ。

ai_20100131_06.JPG 

「Hot Dog Roach Runner」は、ゴキブリ(画面下部)を操作して中央の敵をかいくぐりながら、
ホットドッグ(画面上部)をゲットするアクションゲームだ。

製作からプレゼンまで、非常に芯の入ったメリハリの利いたこなし方で、
この機会のみならず、日常から、製作しプレゼンをするという訓練を重ねている
という印象を受けた。メディア学部の卒業生は、ゲーム業界でも、
多く活躍している。

ai_20100131_04.JPG
最後は、三上先生から、今回のチームが、
自律的に組織化されマネージメントされていたことが素晴らしい、
と指摘された。

自分もまた各メンバーが、それぞれの役割と周囲との連携のノウハウを熟知し、
円滑に作業を進めているように見えて感心した。

Global Game Jam は、IGDA の SIG-Education (IGDA教育専門部会)
が主催しているイベントであり、
単体では日のあたりにくい学生やインディーズゲーム製作に注目を集め、
発表の場を与えるという役割と、参加に伴う様々な教育的な効果
(チームワーク、技術、コミュニケーション、英語文書の読解、国際的感覚)
を持っている。

今回はそういった思惑を軽々と超えて、学生の方が活き活きとゲーム製作を
楽しんでいる現場に会えて、非常に爽快で楽しかった。

参加されたみなさん、先生方、ご苦労さまでした!
ありがとうございました!


PS>

Global Game Jam 2010
 http://www.globalgamejam.org/

の全作品は、上記サイトの「GAMES」から検索することができる(実行ファイルと画像がある)。
今回の両大学の作品は以下のサイトから実際にプレイすることができる。

---------------------------------------- 
北陸先端科学技術大学院大学

The Fly
 http://www.globalgamejam.org/2010/fly
Trouble Artists!
 http://www.globalgamejam.org/2010/trouble-artists
World Wide Port Browser
 http://www.globalgamejam.org/2010/world-wide-port-browser
---------------------------------------- 
東京工科大学

Travel Trouble
 http://www.globalgamejam.org/2010/travel-trouble
Hot Dog Roach Runner
 http://www.globalgamejam.org/2010/hot-dog-roach-runner
---------------------------------------- 

posted by miyayou at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記